ライブ@沖縄

  • 2013.10.25 Friday
  • 23:00
SATOKO ISHIMINE LIVE "HOME"



聡子ちゃん10年ぶりのふるさと沖縄でのワンマンライブ。

皆さんのおかえり感が
とてつもなく温かくて
その気持ちに答えるかの様な歌が
これまたとてつもなく素晴らしくて
演奏しながら何度も涙がこぼれてしまいました。

彼女の歌は神様からのギフト!
そうとしか言えません。

とにかくあの場にいられた事に心から感謝。
忘れられないライブとなりました。












秋といえば

  • 2013.09.18 Wednesday
  • 23:00
美味しいもの、
そしてそして美味しい音楽☆

今宵は石嶺聡子ちゃん初のカバーライブ@恵比寿天窓switchへ。

美空ひばりさん、ガガ様、Jackson5等と本当に色とりどりの選曲でした。

ギタリストのトシオさんと、ピアニストのはっちゃんさんのアレンジや演奏がこれまた素晴らしくて、13曲があっという間!



お月様も美しく素敵な夜でした。


東京うたの日コンサート

  • 2013.06.19 Wednesday
  • 22:23
今日は聡子ちゃんと一緒に
遊佐未森さんと尾崎亜美さんの
ジョイントコンサートへ☆



遊佐未森さんの『僕の森』
尾崎亜美さんの『オリビアを聴きながら』等、聴きたかった曲も聴けて幸せ。

最後の曲は聖子ちゃんの『天使のウィンク』。勿論、亜美さんが沢山の名曲を生み出しておられるのは知っていますが、こちらもそうだとは知りませんでした。

先日聡子ちゃんのライブで
1曲目にお届けした『私がいる』も
尾崎亜美さんの作詞作曲なんですよ。

おふたりそれぞれの魅力で
たくさんの思いが届いて来て
とても素敵なコンサートでした。




お礼

  • 2013.05.30 Thursday
  • 08:34
昨夜、
石嶺聡子ちゃんライブに
お越し下さった皆様、
励ましのご連絡を下さった皆様、
本当にありがとうございました。

可愛いお土産もたくさん!



また太るけど、嬉しい〜!笑

実に17、8年ぶりの歌ものピアノ、
自分でも驚く緊張ぶりでしたが…笑。
残された山積みの課題を含め、
私にとって、
大切な意味をもつ大きな一歩でした。

こんな私を信じて
貴重な機会を下さった聡子ちゃんには感謝の気持ちでいっぱいです。

この想いが、
よい形で楽曲に反映され届けられる様
これからもがんばります☆



ノド飴

  • 2013.05.22 Wednesday
  • 16:17
こんなノド飴みつけました。



来週の石嶺聡子ちゃんのライブは
コーラスも沢山あるのです。

Information

  • 2013.05.16 Thursday
  • 10:04

東京は早くも夏の気配も。

皆様お変わりありませんか?

さてさて、
久しぶりにピアノを弾かせて頂く
ライブのお知らせです。

石嶺聡子ワンマンライブ
〜リクエストで綴る夜〜

http://www.gee-ge.net/detail/2013/05/29/

聡子ちゃんのライブでピアノを弾かせて頂くのは約17年ぶり!
皆様も是非まっすぐに届く美しい歌を
聴きにいらして下さい。

菅野邦彦さんLIVE

  • 2008.07.20 Sunday
  • 01:11

今日は菅野邦彦さんのライヴに行ってきました。

場所は銀座せきていのラウンジです。

こちらのラウンジは、和と洋が混ざり合ったレトロモダンな空間。

その真ん中にひっそりと佇む木目のグランドピアノ。

その鍵盤はこの日のために取り替えられたもの・・・
全てがフラットになり青と紺で塗られているのです。

(つまり黒鍵と白鍵が同じ長さ同じ高さになり青鍵紺鍵。
「黒鍵のエチュード」は「紺鍵のエチュード」?!)

革命家の邦さんに「ルール」はいらないのですね。

邦さんが演奏の前に一言

「皆さんのことお客様だなんて思ったことはありません。
 たいせつな、ぼくのおともだちです。」

邦さんのピアノってその言葉通りの音なんですよね。

いらっしゃい♪だったり、
楽しいね♪だったり、
切ないよね♪だったり、
音に「ね♪」がついているんですよ。

だから気付くと演奏者の方々も、「おともだち」も、
み〜んな「うん♪うん♪」ってなっちゃってるわけなんですよ。

そしてそして・・・

邦さんの音ってほんとうにやさしいんです!

私がいうのはなんですが、もう・・・

ほんとうにほんとうに無邪気でやさしいんです。

だから私、はじめの2〜3音でウルっときちゃいました。

機会があれば、是非皆さんにも聴いて頂きたいのですが、

邦さんはもう殆どCDというものを出しません。

アナログ盤は60枚以上出ているそうですが・・・

だから、ライヴに行くしかないんです。

とにかく全てがライヴな方なのですから。

スタバ、スタバ、そしてスタバ

  • 2007.10.23 Tuesday
  • 12:32
1日に3回もスターバックスに行くなんて・・・

待ち合わせ、打合せ、打合せ。
「コーヒー」、「アイスコーヒー」、「フルーツティー」。

性格判断をするなれば、
「一途にみせかけて、実は飽きっぽい」かな。

〜コーヒーの巻〜
聖子監督に主題歌をアレンジしたものを聴いて頂く。
大幅なアレンジになったので少し心配していたものの
とても喜んで頂けた様子で、まずは安心。

〜アイスコーヒーの巻〜
オレサンの岡田さんと今回の映画音楽と日々のくらしについて語る。

〜フルーツティーの巻〜
文学座の松垣陽子さんと初対面。
メールでのやり取りの中でも伺えた通り素敵な女の子でした。

つづく

秋号・・・

  • 2007.10.17 Wednesday
  • 17:29
秋ですね。

皆様いかがお過ごしですか?
わたしは、暑さと虫によわいもので
ひっそりと夏を過ごしました。

こちらのブログも気になりながら、
あまりに猫の様な生活をしていたため、
「にゃーとなく」をかくのも・・・。

さて、秋ということで人間に戻りました。

13日には秋田県鹿角という所で、
俳優座の田野聖子さんの一人芝居
「はないちもんめ」の公演がありました。

満州に我が子を残した母親がお遍路にゆくお話です。

テーマ曲を私が作り、あとはお芝居にそって
お琴の三橋乙勢さんと私(ピアノ)が
即興演奏するといったものでしたが、
終始お芝居に吸い込まれながらの演奏でした。

田野聖子さんは素晴らしい役者さんです。

そして、お琴と一緒に演奏するのは初めての経験でしたが
あの世界はお琴なしでは出せなかったので、
改めて乙勢さんに感謝です。

テーマ曲の評判がとてもよかったこともあり、
せっかくなので近々レコーディングしたいと考えています。

しかし・・・年内にやるべきことがつまってきた・・・
ついこの間まで猫だった私に、神様が二足歩行(競歩?)を。

まずは、その聖子さん初監督映画の諸々のレコーデクング。
イメージを決めるためにも、
クランクインに立ち会えてよかったです。
岡田ディレクター様、よろしくお願いします!


とある音楽会

  • 2006.11.22 Wednesday
  • 23:58
主旨がよくわからぬまま、
P岡田さんとピアノマン山本さんと待ち合わせをして
向かった先は神楽坂のとあるバー。
そこで行われていたのは、
とあるIT企業による、
とある音楽会でした。
まるで電波少年の様・・・(笑)
そこにはピアノがあって、
順々に皆さんがピアノを弾いたり、
チェロを弾いたり、リコーダーを吹いたり・・・
当然、私達だけ逃れるわけにもいかず、
1曲だけ弾き語りをしてきました。
来年はちゃんとライヴやりますニョロ

ところで帰りに寄った珈琲店、
昔、洋裁店だったものを生かしたそうで、
遊び心と赴きのある素敵なお店でした。
看板出てたかなぁ・・・。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

LISA’S ONO BOSSA HULA NOVA
LISA’S ONO BOSSA HULA NOVA (JUGEMレビュー »)
小野リサ,Charles E.King,Lisa Ono,Loyal Garner,Queen Liliuokalani,Duke Ellington,Mario Adnet,Leo Robin,Carlos A.de Oliveira,Lysias Enio,Webley Edwards

recommend

recommend

ティファニーで朝食を
ティファニーで朝食を (JUGEMレビュー »)
トルーマン・カポーティ
大好きな人×大好きな人

recommend

栗原はるみ haru_mi (ハルミ) 2007年 10月号 [雑誌]
栗原はるみ haru_mi (ハルミ) 2007年 10月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

私の故郷、下田がいっぱい!
父も栗原さんと同級生。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM