お礼

  • 2013.05.30 Thursday
  • 08:34
昨夜、
石嶺聡子ちゃんライブに
お越し下さった皆様、
励ましのご連絡を下さった皆様、
本当にありがとうございました。

可愛いお土産もたくさん!



また太るけど、嬉しい〜!笑

実に17、8年ぶりの歌ものピアノ、
自分でも驚く緊張ぶりでしたが…笑。
残された山積みの課題を含め、
私にとって、
大切な意味をもつ大きな一歩でした。

こんな私を信じて
貴重な機会を下さった聡子ちゃんには感謝の気持ちでいっぱいです。

この想いが、
よい形で楽曲に反映され届けられる様
これからもがんばります☆



ノド飴

  • 2013.05.22 Wednesday
  • 16:17
こんなノド飴みつけました。



来週の石嶺聡子ちゃんのライブは
コーラスも沢山あるのです。

Information

  • 2013.05.16 Thursday
  • 10:04

東京は早くも夏の気配も。

皆様お変わりありませんか?

さてさて、
久しぶりにピアノを弾かせて頂く
ライブのお知らせです。

石嶺聡子ワンマンライブ
〜リクエストで綴る夜〜

http://www.gee-ge.net/detail/2013/05/29/

聡子ちゃんのライブでピアノを弾かせて頂くのは約17年ぶり!
皆様も是非まっすぐに届く美しい歌を
聴きにいらして下さい。

SSFF

  • 2010.06.09 Wednesday
  • 00:00

さくさくふわふわ

でも

すやすやふがふが

でもありません。

SSFFとは

ショートショートフィルムフェスティバルのことです。

実は SSFF2010 、

田野聖子さん監督作品「うつぐみの色」が

旅ショーット!プロジェクト部門で入賞されました。

「うつぐみの色」は沖縄時間の流れるあたたかい映画です。

音楽はOrangeSoundStudioのokadamanabu氏。

私も声で少しだけ参加しています。

その他にも国内外の作品も上映されるので

映画の好きな方は是非足をお運びください。



「うつぐみの色」上映スケジュール

travel-B プログラム

6月11日(金) 13:30 -15:20  表参道ヒルズスペースオー 
6月13日(火) 12:50 - 14:40 ブリリア ショートショート シアター(横浜)
6月20日(日) 13:20 - 15:10  ラフォーレミュージアム原宿

菅野邦彦さんLIVE

  • 2008.07.20 Sunday
  • 01:11

今日は菅野邦彦さんのライヴに行ってきました。

場所は銀座せきていのラウンジです。

こちらのラウンジは、和と洋が混ざり合ったレトロモダンな空間。

その真ん中にひっそりと佇む木目のグランドピアノ。

その鍵盤はこの日のために取り替えられたもの・・・
全てがフラットになり青と紺で塗られているのです。

(つまり黒鍵と白鍵が同じ長さ同じ高さになり青鍵紺鍵。
「黒鍵のエチュード」は「紺鍵のエチュード」?!)

革命家の邦さんに「ルール」はいらないのですね。

邦さんが演奏の前に一言

「皆さんのことお客様だなんて思ったことはありません。
 たいせつな、ぼくのおともだちです。」

邦さんのピアノってその言葉通りの音なんですよね。

いらっしゃい♪だったり、
楽しいね♪だったり、
切ないよね♪だったり、
音に「ね♪」がついているんですよ。

だから気付くと演奏者の方々も、「おともだち」も、
み〜んな「うん♪うん♪」ってなっちゃってるわけなんですよ。

そしてそして・・・

邦さんの音ってほんとうにやさしいんです!

私がいうのはなんですが、もう・・・

ほんとうにほんとうに無邪気でやさしいんです。

だから私、はじめの2〜3音でウルっときちゃいました。

機会があれば、是非皆さんにも聴いて頂きたいのですが、

邦さんはもう殆どCDというものを出しません。

アナログ盤は60枚以上出ているそうですが・・・

だから、ライヴに行くしかないんです。

とにかく全てがライヴな方なのですから。

Hanaichimonme In New York

  • 2008.07.11 Friday
  • 13:26

存知の方もいらっしゃるとは思いますが、
「花いちもんめ」は東京公演に引き続きNYで公演されています。

田野聖子さんはもちろん、
NY公演ではNY在住のおふたり(ピアノはのぞみさん、お琴はゆみさん)が
私の作ったテーマ曲、
それ以外はそれぞれの即興で演奏なさっているのですが、
NYで多くの方の心を動かしているようです。

聖子さんのブログはこちら。

ピアノの寺尾のぞみさんとは日本でお会いする機会がありましたが、
聖子さんのいう「太陽の様な女性」まさにその通りの方でした。
奏でるものもさぞ素敵なのだろうと思っていたのですが、
公演中に出てくる劇評を読むところ・・・やはりです!

そのなかのひとつ、有名な演劇雑誌「BACKSTAGE」のレヴューを
NYから聖子さんが送って下さったので、感激のあまりご紹介します。

こちら

おふたりが素晴らしい演奏をして下さったに違いないのです。

感激とともに、おふたりの演奏家にこころから感謝です。
そして、全ての機会を下さった聖子さんには今度チュウします。

花いちもんめ御礼・・・そして!

  • 2008.06.16 Monday
  • 13:40
まずは、お越し下さったたくさんの方々、
本当にありがとうございました。

テーマがテーマなだけに、
頂いたたくさんのご感想は感慨深いものがありました。

終わってしまえば、あっという間の4日7公演。

思い起こすと、お芝居の現場に不慣れな私は、
お稽古前、スタッフの方々に色々な想像をしていましたが・・・
見事におちゃめな方ばかりで本当に本当に楽しかったです!

演出家の千葉さんは
パイポをくわえハンチングをかぶったこわい演出家のイメージとはほど遠く、
穏やか〜で温か〜い方、おやつも奨めてくれるし(笑)
音響のてるさんは「和」かっこいいし、
照明の森脇さんは「旅(天国を含む)ネタ」が豊富だし、
オペレーターの石塚さんは私がどんなに勝手(照明からとびでちゃったり)
をしても毎回笑ってつこんでくれるし、
林さんはトランシーバーで欠かさず歌ってくれるし、
制作の工藤さんは意外なピンポイントでおもしろい意見をくれるし。

当日からお手伝いして下さったトキさんをはじめ
関わって下さった方みなさん温かい方ばかりで・・・
こころからみなさんに感謝しています。

そんなみなさんと出会えたのも神様と聖子様のお陰です。

聖子さん、
私はあなたから本当にたくさんのハート、パワー、チャンス、
そしてスウィートを頂いています
・・・ありがとう・・・
これからもどうぞよろしくお願いします。

そして琴ちゃん、
琴ちゃんなしにあの世界観はあり得ませんでした。
そして今回、わたしは琴ちゃんのことまだまだ知らなかっんだなぁと思う位
琴ちゃんの新たな魅力に気付いたのでありました。
・・・ありがとう・・・















と、幸せな気分でここまで書いたところで
なんとも急なお知らせが入りました。

!!!!!!!!!!!!!!!!!

おどろきついでにご報告しますが・・・・・







私、中国の大連で暮らすことになりました!!!!!!!!!!!!!
神様ってどんだけおちゃめなの??????

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

LISA’S ONO BOSSA HULA NOVA
LISA’S ONO BOSSA HULA NOVA (JUGEMレビュー »)
小野リサ,Charles E.King,Lisa Ono,Loyal Garner,Queen Liliuokalani,Duke Ellington,Mario Adnet,Leo Robin,Carlos A.de Oliveira,Lysias Enio,Webley Edwards

recommend

recommend

ティファニーで朝食を
ティファニーで朝食を (JUGEMレビュー »)
トルーマン・カポーティ
大好きな人×大好きな人

recommend

栗原はるみ haru_mi (ハルミ) 2007年 10月号 [雑誌]
栗原はるみ haru_mi (ハルミ) 2007年 10月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

私の故郷、下田がいっぱい!
父も栗原さんと同級生。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM